会社概要 シルクパウダーの応用力 自社商品案内 採用情報 お問い合わせ
HOME > シルクパウダーの応用力 > サプリメント

 

 

概要
通常、絹タンパクの一つ(フィブロイン)は高分子の為、食べても体内に摂取されることはほとんどありませんでした。ながすな繭では、酵素を使い、絹タンパクを体内でより摂取されやすいようペブチド化を行いました。

詳細内容
これまで、シルクは衣装や化粧品という分野で利用されてきましたが、実は豊富なアミノ酸から構成されています。

絹タンパクの一つ、フィブロインはグリシン、アラニン、セリン、チロシン等のアミノ酸が多く含まれるといった特徴があります。これらはコラーゲンにもたくさん含まれているアミノ酸です。

ながすな繭ではこれらのアミノ酸を体内に安全に取り入れることはできないだろうかと考え、酵素を使ってあらかじめ細かなペプチド化にして、より体内で摂取されやすい状態にしました。

また、高分子のフィブロインは水に入れてもとけませんが、ペプチド化されたフィブロインは水に可溶するといった特徴がありますので、様々な食品に加えてお使いいただけます。

 

   

ながすな繭